店長の農園レポート

イチゴ園に人出ヒトデ?



 定植の時期が来ました。

 ポットで葉を欠きながら十分に太らせた苗を、うねに定植していきます。



 ご覧下さい。力強い根がびっしりと生えています。定植までにいかに株を太らせて、根を多く付けるかがポイントだそうです。





 うねは機械を使って作りますが、上手にうねを作るには慣れが必要です。

 うねの高さは40センチほど、一般的な栽培に比べて高いようです。うねを高くすることは、根が楽に下に張れますし、水はけを良くする効果もあります。



 円に囲まれた突起は、親株から来たランナーの切られた部分です。花芽は、このランナーの反対側に伸びますので、突起をうね側に植えます。



 うねを上から見たところです。うねの真ん中に色の違う粉末の線が見えますか?

 この正体はなんとヒトデの粉末です。ヒトデの粉末は高価ですが、害虫を寄せ付けない効果があります。

 エコファーマーの箭本さん。目に見えないところで、減農薬にも人一倍気を遣っています。

販売中の山梨の果物

山梨の極上フルーツギフト
贈答用シャインマスカット

▲ 上にもどる