店長の農園レポート

イチゴハウスのうね崩れる



 先日の台風襲来で、うねの一部が崩れてしまいました。どうしても雨が降り続けると、うねは崩れてしまいます。



 左官屋さんのように崩れた土を元通りになおしていきます。ハウス栽培になるまでは、沢山雨が降るとまた崩れますので、この作業が繰り返されます。何カ所も崩れてしまうと、作業がたいへんですので、台風などは来ないで欲しいとのことでした。



 うねの真ん中を通るのは、散水用のチューブです。

 10月にビニールを張り、ハウス栽培となるので、雨の代わりにこのチューブを使って散水します。

 イチゴは直接水がかかるのを嫌います。その理由は、病気にかかる可能性が高くなるのと、柔らかい肌が傷みやすくなるからです。

 このチューブは、水がジワッとにじむように出る特殊チューブで、一般的な栽培農家が使うものより高価なものを使っています。

販売中の山梨の果物

山梨の極上フルーツギフト
贈答用シャインマスカット

▲ 上にもどる