店長の農園レポート

枯露柿作り始まる

柿の皮むき

小林さんの枯露柿作りが始まりました。太陽をいっぱいに浴びて大きく生長した 最大級の柿 『甲州百匁柿』 を、一つ一つ手作業でむいていきます。手むきをする理由は、干し上がったときの微妙な表面の味わいを作るためです。

柿をつるす

暫くは柿をむいては吊し、むいては吊しの作業、今年は今のところ干し柿作りには良好な天候です。枯露柿作りは約40日もかかる長丁場、年末までよい天気が続くことを願うばかりです。

枯露柿のご注文は、こちらで承っております。

▲ 上にもどる