店長の農園レポート

さくらんぼの花芽と霜の害

さくらんぼの花芽

 これは露地さくらんぼの花芽です。



 暫くすると、花芽が膨らみ、花が顔を出します。4月10日前後には、開花していることでしょう。

 さて、これからさくらんぼの花芽が花へと分化する時期を迎えますが、さくらんぼ農家にとって、一年で一番気がかりな時期です。それは、この分化の過程で霜の害を受けることがあるからです。具体的には、気温が?2度以下になると花芽が凍って影響が出ます。

 さくらんぼが実るか実らないかを決める時期ですので、霜が降りないことを願うばかりです。

さくらんぼ のお取り寄せは下記ページでご案内しています。

▲ 上にもどる