店長の農園レポート

いちごの定植

夏を通じて育てられたイチゴの苗が土に植えられました。(定植)

ヤモトさんは定植用の苗は自分で育てています。(太郎・二郎・三郎:のレポートを参照できます

良い株を定植することが、良いイチゴ作りの第一歩なので、自ら納得いく株を手をかけ育てているのです。

ハウスの全景。

間もなくビニールハウスとなり、11月には花が咲きます。

花が咲いて約40日で収穫となりますので、12月下旬には徐々に収穫が始まります。

定植を待つ株達。

暑い夏、苗への水やりはとても大切な仕事。水を切らす=苗の生育悪化 ですので、丁寧に丁寧に育ててきました。

販売中の山梨の果物

山梨の極上フルーツギフト
贈答用シャインマスカット

▲ 上にもどる