店長の農園レポート

サクランボ 今年の作柄はいかに?

サクランボの花の満開が過ぎつつあります

今年の作柄はこの時期の人工授粉のできにかかるのですが
3月下旬の寒さにより
上の写真のような傷みが見られます

雌しべが見られない花は
サクランボが実りません

また
雄しべの色が悪い場合も
状態がよいとは言えません

 

人工授粉の期間
気温はまあまあの推移でしたので
この花の傷みがどれくらいあるかが
本年の作柄を左右しそうです

受粉がうまくいくと
ご覧の通りすぐに
小さなサクランボがふくらみ出します

今年のサクランボの作柄は
5月上旬頃にはっきりしてきます

2年続けて不作でしたので
今年はなんとか立派な実をたくさん
実らせて欲しいものです

人工授粉の様子

▲ 上にもどる